生活の悩み

雑談、分析してみた。

雑談、分析してみた。



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

雑談、分析してみた。

■商品詳細:

雑談をつくりだす、そんな文法書です。
【背景】
近年の雑談力低下という状況をうけて、雑談力や会話術、コミュニケーション能力をアップさせるというような、いわゆるノウハウ本が溢れかえるようになってきました。なかには研修会や塾のようなものも開催されているようです。しかし、それらのほとんどは主観的な経験談が羅列され、表面的で過剰量であるために消化不良といった具合です。一方、言語学では談話分析という学術分野が重要視されはじめてきましたが、言語学の歴史から見ればまだまだ発展途上で、応用段階に至るほどではありません。このような背景から、雑談そのものの構造やパターンといった仕組みについて、現実レベルでの応用を試みたものはこれまでに存在しませんでした。
【目的】
本書は、小説家や脚本家など会話文の生成を生業とする方々や、外国語学習過程において何かを話さなければならない方々、さらには飲み会や懇親会など普段のとりとめもない会話、つまり雑談が苦手だという方々に向けた、雑談の仕組みを示した文法書ということになります。聞き上手や話題の発見方法を謳った従来のノウハウ本と違う点は、雑談に対する姿勢や態度とか小手先の技術などの人間側の要素ではなく、雑談という言語そのものについて示したということです。
【方法】
これもまた従来のノウハウ本と違い、本書では実際の雑談会話資料を通して、雑談の仕組みを明らかにしています。考えてみればおかしなことですが、雑談力や会話術を謳っていながらもこれまでのものは実際の会話資料がほとんど提示されませんでした。そこで本書では、実際に行われた雑談資料を豊富に用意しており、これらを例示しながら本質的で普遍的な雑談の構造的なパターン、つまり雑談の仕組みについて解説していきます。

■商品内容:

PDF90ページ

■ジャンル:

生活の悩み

■販売価格:

2592円

■販売者名:

立石 実麗
★生活の悩み☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

雑談、分析してみた。
雑談、分析してみた。
雑談を作りだす、そのための本作家、脚本家の方々へ物語生成や表現技法についての理論は多く存在するが、会話文生成についての理論は皆無であり、これまでは勘や経験といったセンスに依拠せざるを得なかった。外国語学習者の方々へ文法や語用などの表現手段や、最近ではロールプレイングなどの場面設定上の会話練習が注目されているが、談話構文という自由会話の中身の構築法には無関心だ。雑談が苦手な方々へ会話が続かない、なにげない言葉への切り替えしが苦手、説明や意見交換、事務的な会話は大丈夫だが、やはり雑談が苦手、、、雑談のパターン、構造的仕組みがある。
1. 話すための雑談聞き上手のような他力本願な応急処置では、相手が喋り好きでないと破綻した。いかにも「聞いています」というアピールが、キャラに似合わないんじゃないか、鼻につかないかという不安から実践できなかった。2. 雑談そのものの仕組み「どのような話題にも興味を持つ」などの精神論や、「自己開示やプライベートの公開をする」などの小手先の技術など表面的で、人間側のことばかりだ。そして、雑談そのものの構造やパターンといった仕組みについては曖昧なままにされてきた。3. 雑談資料を用いた解説雑談のノウハウ本にも関わらず「ああしろ」「こうしろ」と、ドヤ顔の経験談を語るばかりで、実際の雑談資料はまったく提示されなかった。
雑談は曖昧。だが上手な人、苦手な人がいるのは確かな事実。雑談はどうでもいい内容。だが、できるできないで人生を左右しうるのも確か。
色んな人が色んなことをいう現状書店を歩けば、インターネットに繋げば、雑談のルールとか途切れない会話術とかそういった雑談ノウハウ本をごまんと目にすることができるが、「雑談」に関する書籍にもかかわらず上記の項目についてはノータッチだ。近年、人々の交流が希薄になり雑談の能力が低下したと言われるが、それでも雑談はつきまとう。そして最近では雑談の重要性がとやかく見直されているようで、結果色んな人が色んなことをいう散らかった現状に至っている。
雑談はまだまだ未解明という現状最近AIがなにかと取りざたにされているが、Siriやペッパー、りんなの会話レベルをみるに、アトムやドラえもんのようにロボットが人間と会話する未来はまだ少し先のようだ。というのも学術分野において雑談や自由会話、フリートークというのが関心の対象となったのもそう遠い昔ではなく、まだそう多くの研究があるとはいえない。まだまだ真実を追究する議論が繰り広げられるばかりで、私たちの生活に影響を与えるという段階ではない。
目を向けるべきは、雑談そのものだこのような学術分野の知識や、あるいはコミュ力が高いと自負する人たちのアドバイスを参考にするのもいいが、百聞は一見に如かず、会話術とかでよくある、聞き上手とか、キャッチボールとか、場の空気を読むとか、そういった人間側の要因ではなく、雑談そのものを分析するべきなのだ。
雑談には、仕組みがあるのだマンションの前で三時間も立ち話する主婦軍団。休み時間いっぱいにだべる。小説や漫画のキャラクターの会話は作者が一人で生み出している。一人で何人分もの会話。IAと会話ロボット。英語は“できる”、しかし雑談はできない。外国語習得と雑談。プレゼンテーションや意見交換はできる、しかし休憩室や飲み会での会話は難しい。空気読めるし意思疎通はできる、むしろ得意、でも雑談って・・・雑談がどうしても苦手で、苦痛にすら感じる、憂鬱にすら感じるという人がいる一方で、マーライオンから吐き出る水のように、無限に雑談を生み出せる人もいる。これはとても不思議にも感じられるだろうが、彼らに言わせれば、「とりとめもないことを話しているだけ」「ムズカしく考える必要はない」なのだ。しかし、会話が成り立つ成り立たないが存在する以上、必ず構造上のルールが存在する。内容がないと言われる雑談だが、それでも「何か」を話しているのは確かなのだから、それが成り立っている以上、必ず仕組みが存在する。
読書をして満足して終わり?このページを訪れたということは、インターネットで雑談や会話について、その上達法やコツなどの情報を探しているのか、あるいは手っ取り早く、ちょうどいい本があれば買おうかとも考えているかもしれない。あなたが前者なら、書店にならぶノウハウ本をお買い求めいただくとよいだろう。話が途切れない66のルールとか、雑談が上達するたった10の法則とか、そういったものがオススメだ。しかし後者なら、そうするべきではない。数千円も払えば本の数冊が買えるし、数万円ほどでセミナーに参加できる。そしてお金や時間と引き換えに、ある程度の安心感を得ることができるだろうが、結局のところ雑談について知ることはない。色んな人が色んなことを言いっているが、どれも雑談そのものには触れずに、ただこのようにせよと、コミュ力の高いオレのやり方はスゴイから真似したらいいぞ、とそういっているのだ。雑談はとりとめもないとか、共通認識をつくるとか、自分から挨拶するとか、空気を読むとか、オウム返しするとかいって、雑談力、雑談術とかいうわりにお茶を濁して、雑談そのものについてはスルー。精神論的なものは除外するとして、この手のものはおおかた聞き上手系か、あるいは話題系のどちらかに分けることができる。聞き上手系は、聞いてますアピールは控えた方がよいが、それよりも相手に話させるという丸投げな態度が個人的に気に入らない。相手がおしゃべりならそれでいい。だが話をすることが負担なのはお互い様で、面接のようにあれこれ話させられるというのは居心地が悪いものだ。なにより、己で会話を構成するということを放棄している時点で、雑談の能力は絶対に上がらない。話題系では、無難な話題がオススメだと言って、「きにかけていました:」といったような語呂合わせや、「よく観察する」といった話題の発見方法を紹介してくれる。それはいいが、じゃあその次どうする?となった時の後の展開についてはやはりノータッチ。雑談は目的がはっきりしない会話だからこそ、なにを話題とするかが重視されがちだが、問題はその先で、「その話題のなかで何を話すのか」だ。
雑談の仕組みは、人間側の要因に関係ない「雑談、分析してみた」は残念ながら、雑談術や雑談力をぐんと上げてコミュ力あります系人間にするものではない。本書は、実際の雑談会話の資料を用いて雑談の仕組みについて解説するものである。ただ、それを知らずして雑談術も雑談力もあり得ないことだ。
商品情報ページ数: 90 ページ価格: 2,592円セールスタイプ: ダウンロード版販売方法: クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ支払ご購入はこちら
特定商取引に基づく表示
サイトマップ
トップページ
雑談、分析してみた。
特定商取引に基づく表示
サイトマップ
Copyright (C) 2018 コトバ科学シリーズ All Rights Reserved.
雑談、分析してみた。
とりとめもない雑談ですが。高層マンションに住んでいるとかいって一階に住んでいるのって何か矛盾してますよね?
うん、そうですね。でも高層マンションってエントランスなどが豪華だしネームバリューもあって住んでいることがステータスになりそうだし、「1階しか買えなかったけどそう言う雰囲気を味わいたかった」のかと思うといじらしさに涙がでますね。(笑)
とりとめもなくオチも無い感じの単なる愚痴です。アラフォーですが高校時代の部活仲間と顧問の先生を交えて今度お食事に行きます。楽しいはずなのになんか気がすすみません。彼女たちとは友達と言うか、もう単なる付き合いの長いだけの知り合いなだけの気がします。個人的に会いたくて誘ってみた時期もあったけど断られてばかりで誘うのをやめました。もう特に連絡とりたいとも思わなくなりました。あの頃の私はたくさん悩んででいたしSOSを発信していたけど、ことごとく無視されていた感覚があります。(結局悩みなんてものは自分自身で解決するもんだと思い知らされ実際そのように解決しました。)こんな時ばかりは、先生がいるからメンバーを揃えるためだけにだから私を誘うんだと思います。半年?1年に1回ぐらいの頻度でしか会わない人達なのでバッサリ縁切りするでもなく…彼女達と一緒にいても自分なんていてもいなくてもいい存在、無視されている気がして家に帰ってそんな暗い自分自身に自己嫌悪に陥ります。こんな関係の友達て言うか知り合いいらないなーと思います。今度みんなで旅行に行こうって言っていたけど冗談じゃない…(金銭面を理由にして断りました。)今回の食事会を最後に、先生には感謝の気持ちを心で伝えてもう会わないかなって。本当はLINEグループもスッパリ抜けたいけど大人げないからフェードアウトしていこうと思います。うまく表現できたかわからないけど本当の気持ちは友達の存在にすごく未練があるんです。でも自分が必要とされていないのがとてもミジメだから離れるんです。家族関係には恵まれているし幸せですが子供達が自立して主人が先立ってしまったらきっと私は孤独になるんだろうなと今の人間関係を思うとさびしさになれないといけないなって。
本当に質問者様は数合わせなのでしょうか。井戸端会議の延長のような話とか、高校時代の思い出をたまに話したいだけの、軽い集まりということではないてのでしょう。もし、そういう集まりの人達なら、SOSを感じ取った時点で拒絶すると思います。要は雑談仲間であって、深刻な相談はお断りということです。ですから、雑談仲間としてはウェルカムであり、数合わせではないという解釈です。楽しいことも辛いことも分ち合ってもらえる、友人なんてそうそういないものです。そういうことができるのは家族だけという人も多いはずです。質問者様は交友関係に期待しすぎている気がします。
「とりとめもない」この言葉を使って、文を作って下さい!
カテゴリマスターとりとめもない内容の彼とのLINEがとても大切だと気が付いた。
とりとめもなく、グチを。子育てと自分の夢を天秤にかけなければいけない虚しさを。夢だった自分のパン屋を開業して二ヶ月、お客様から高評価をいただいて、意外な程順調な経営状態。ただ、睡眠時間が平均3時間と猛烈に忙しく、仕事と家事と育児に忙殺される毎日、っでもこれまでの人生で感じたことのないほどの充実感を感じています。ただし、頭を悩ませることが一つあります。子供と遊んだり、学校や保育園のことについて色々話したりする余裕が自分に無くなっていることです。遊ぼう、将棋しよう、あのね、あのね、っとまとわりついてくる子供達をあしらうように家事等をしており、最近子供達への罪悪感でいっぱいになっています。奥さんは仕事で帰りがどうしても遅いので、夕方から就寝まで、ジェットコースターのように家事をしている自分。ふと考えてしまいます、開業してよかったのだろうか、っと。自分の夢と、家族、どっちが大事かといえば、悩む必要もないことです。でも、子供と遊ぶ時間が無いからといって店をたたむわけにはいきませんし。大事なものをないがしろにしてまで、何のために働くのだろう、そんなにまでして夢をかなえたかったのか?全く質問にもなっていませんが、今のままでよいのでしょうか?ちなみに奥さんは平日忙しく、土日に家事育児、私は平日仕事が終わってから家事育児。っという分業制です。
はじめまして。佐藤と申します。自分の夢と子供を天秤にかけないといけない事実は非常に辛いと思います。僕も子供2人いますが、今自分の夢を追いかけています。育ち盛りの2歳と5歳の子供たちなのでとてもたいへんです。しかし、自分で決めた道なので言い訳はしたくありません。おそらく子供たちにはたくさん寂しい思いをさせていると思います。それが永遠に続くわけではないと思います。何かと起業や独立すると初めはたいへんだと思いますが順調な経営状態であれば大変なのは始めだけではないかと思います。落ち着いたらその分いっぱい遊んであげてください。子供たちはそんな親の姿を見て成長していくのだと思います。遊ぶだけがいいとは限らないと思います。育児に仕事に頑張ってください!
とりとめもないことですけど聞いてください家出をしようか迷っています僕は今浪人生です志望校は私立大学ですしかしうちは裕福ではありませんなけなしの金は私立高校にいった不良の弟が家族や親戚に迷惑をかけて貢がせています何度言っても家族や親戚はその支援をやめようとしませんもう嫌になりました別に大学なんて行かなくてもいいお金だってたくさん欲しいわけじゃない生活に必要な最低限のお金があればそれでいいただ誰にも迷惑をかけずに慎ましく生きていたいだけなんですたったそれだけの願いが誰にも理解されませんそうなると、もう考えるのも、生きているのも馬鹿らしくなってきます私はチキンなので、そんなこといってもほんとに死んだりする勇気はありません誰かに迷惑をかけるなんてことももってのほかですだから、一人で生きてみようと思うんです本当に何を言ってるかわからないと思いますが、なにか言葉をくれませんか誰か、なにか言ってくれませんか自分より辛い境遇の人はたくさんいるでしょう努力すれば変えられることもあるんでしょうしかしもうそんなことをやる体力や気力などないのですなんでこんなにつまらないんでしょうどうしてこんなに満たされないのでしょうか
それは、あなたが浪人生だからです。毎日が不安なのではありませんか?現実から逃げ出したい気持ちはわからなくはないですが、家を出ても何も変わらないと思います。例えば10校受験して10校合格しても入学するのは1校だけです。せっかく、再チャレンジできる機会を得たのですから「別に大学なんか行かなくてもいい」なんて言わないでもう少しだけ頑張ってみませんか?NOCHALLENGENOCHANGE!挑戦しなければ何も変わらないNOACTIONNOCHANGE!行動しなければ何も変わらないJUSTDOIT.とにかくやってみろ!!大丈夫ですよ。ちょっと疲れているだけです。ガス抜きをしながら今やるべきことをしていけばいいのですよ。
おすすめの情報