その他(美容・健康)

背中クールタイ

背中クールタイ



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

背中クールタイ

■商品詳細:

気流を生む第3の下着「背中クールタイ」は体温調節を味方に2つの効果が期待できます。暑い環境では背中の熱を逃がし体を冷まします。テレビ東京【トレたま】にキャスターの襟元から熱の放出するのを風速計て紹介されました。体温調節で体温を下げようとする放射、伝導、汗の気化熱(蒸発)を貯めないで煙突効果で外へ逃しサラッと涼感が得られます。
背中を寒い環境にすると脊髄の周りにある褐色脂肪細胞があり恒常性の維持を味方に肥満脂肪を熱に変えます。

■商品内容:

背中クールタイは気流を生み体温調節でダイエットが、暑い環境では体を冷ますが期待できます。

■ジャンル:

その他(美容・健康)

■販売価格:

3218円

■販売者名:

有限会社藤和工務店
★その他(美容・健康)☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

背中クールタイ
気流を生む第3の下着魔法の「背中クールタイ」は衣服内気流を変えることで
体温調節を味方に1本着けるだけで美味しさが楽しめる不思議な健康グッズです。
~「背中クールタイ」 は体温調節を味方に役に立つ健康グッズです~
こんにちは!      
新登場です。宜しくお願いします。背中に気流を生む第3の下着「背中クールタイ」は爽やかな毎日を過ごすのに体温調節を味方により応援します。今迄にない発想で衣服内気候を変え皆さんもビックリする不思議な現象が起こる健康グッズです。
体温調節:「暑い !」と熱を逃がし体をクールに
      
夏のクーラーで下半身の冷え過ぎを防ぎたい
夏場の冷え症から逃げたい
保冷剤などの温冷、寒暖のギャップがキライ
優しく冷ましたい
背中の汗ジミ黄ばみを何とかしたい
ジカ熱。デング熱対策も長袖は暑い!
散歩中に1枚脱ぐのはも面倒くさい
吸湿発熱のヒートテックも良いが汗が気になる
冬の汗って冷えると風邪のリスクが心配だ!
熱い場所や暑い時に着けるだけで背中にこもる熱を煙突効果で逃がし、体温調節の気化を促し体を冷ます商品です。
「眠い !」時に窓を開けた経験ありませんか?
背中に風を入れてください。運転中に、仕事中に、勉強中に。
「暑い !」と感じると熱を煙突効果で逃がしクールに。新登場 !!
日経MJに取り上げられました。(熱中症対策に・・・・) 
テレビ東京WBS【トレンドたまご】にも取り上げられました。
新商品 ! 特許取得済の「背中クールタイ」です。
効果は空気を出し入れする面積が大きいほど出ますのでこんな大きさになってしまいました。その分シャツは1周り大きいサイズをお願いします。
着けるだけ、初期費用だけですみます。
商品価格:3,218円(税込)
M
身長170cm未満
長さ290㎜±伸縮します
L
身長170cm以上
ドライブにはMをお薦めします
長さ340㎜±伸縮します
※シャツの襟のサイズは通常より2~3cm大きめになります
ご購入はこちら
会社案内はこちら
特定商法取引法に基づく表記はこちら
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。効果には個人差が有ります。
※当サイトに掲載されているすべての文章・画像の許可なく転載・転用することを禁じます。
背中クールタイ
ジェット気流って標高10キロぐらいの所に吹く、時速300キロの風なんですね!?じゃー、8800mのエベレストに吹く猛烈な強風というのも、それに近い風速なのでしょうか?
ジェット気流は海抜12000mを中心に11000~16000mの高度で流れます。エベレスト山頂よりはずっと高いですから、時速300kmの風は常時は吹きませんが、季節によっては影響は大きく受けます。但し、ジェット気流は季節によって、ヒマラヤ山脈の南側だったり北側を流れたりします。北側を流れるときが山頂の風力も一番穏やかな時期となり(これにモンスーンの影響も加味して)、それが登頂に適した5月と11月になります。頂上の風速は穏やかな時で時速20km、荒れるときで320kmだそうです。
ジェット気流についての質問です。寒帯前線ジェット気流の前線面は地上の前線とつながり、亜熱帯ジェット気流は地上の前線とつながらない、、、それは亜熱帯前線面が途中で途切れてしまうから、、、なぜ途切れるのでしょうか?
1.気流が弱い2.亜熱帯ジェット気流が作った低気圧に流される3.詳しいことは解明できてない。
ジェット気流ってどういうものですか。
カテゴリマスタージェット気流とは、猛烈な速度で吹いている風の流れです。早いところで秒速100m以上の速度があります。時速に直すと360km/hですから新幹線よりも速い、猛烈な風です。この猛烈な風、ジェット気流は毎日どこかで吹いています。日本においては、冬場であればほとんど例外なく毎日吹いています。ジェット気流は地上付近では吹かずに、上空8000m~13000mのとても高い場所で吹きます。この高さを飛行機が飛ぶので、飛行機はジェット気流の影響を大きく受けています。ジェット気流は別名ジェットストリームとも言います。川のように蛇行しながらとても広い帯状に広がっています。帯の幅は日本列島をほとんど全て覆ってしまうほどの広さです。また、ジェット気流は季節により変わります。強さや帯の広さが季節により変動します。ジェット気流は冬場に強くなる傾向があり、時速360㎞を超すのは冬場だけです。帯が広くなるのも冬場です。一方、夏場はほとんどジェット気流が吹きません。日本の上空においては、消滅してしまうことすらあります。
気流に熱は発せられますか。
ちょっと意味が理解できない質問に成っています、私が理解できないのかもしれません気流は熱によって発生します、熱せられて膨張したものが上に行くことで周りから空気が流れ込みそれが大規模に起こると気流に成ります気流は低気圧で上昇し高気圧で降下します(勿論昨日のご質問にもお答えしたように他の要因でもできますが)その間では地上に近い所では高気圧→低気圧に流れ、空高い所では低気圧→高気圧に流れます、これにカテオリの力が加わって偏西風と言う気流の流れもできています気流が起こることで大気の循環が出来ることで熱が発せられるのではなく大気がかき混ぜられて均一化されていると思います
気象でいう上昇気流は何なん。
カテゴリマスター上昇気流とは、上方に向かう気流のことです。上昇した空気は膨張し、温度が低下します。気温の低下に伴って湿度を増し、飽和に達して雲ができ、雨や雪を降らせたりします。地表面が熱せられ地表付近の空気が膨張し上昇する場合と、山の斜面や前線面に沿って上昇させられる場合、低気圧の域内で上昇する場合があります。