先物取引その他

「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(2018大増補版))

「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(2018大増補版))



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(2018大増補版))

■商品詳細:

日経225オプションでの取引に加え、アメリカ・シカゴのオプション取引を日本からで も、という趣旨で、マニュアルを作成しました。 これまで、日本の解説書では手薄だったオプション戦略の数々が日経225オプションで も適用できるように書いてあります。 また、特に、シカゴのオプション売買取引は、証拠金35万円で開始できるので日本の 日経225オプション投資家にとっては魅力です。 取引口座の開設は、上記のマニュアルに懇切に解説しておりますので、今日にでも、日 本語で、開設手続きに移れます。 口座が開設されれば、シカゴのご自分の口座へ35万円の送金をすれば、オプション売 買ができます。 35万円の証拠金で、miniのオプションですと、ショートのポジションが立てられます ので、ロングとショート、または、コールとプットの組み合わせによるヘッジが効いた 安全なスプレッド・ポジションを組むことができます。 この安さは、日本の日経225オプションでは考えられないことですね。 100万円の元手ですと、さらに、二重三重にヘッジが効いた、全天候型の安全有利なポ ジションが組めます。 FXで昨年夏以来、手痛い思いをされた投資家の皆さん、いかがでしょう。 おそらく、新しい可能性を、このシカゴ・オプション売買取引によって、見出すことが できるはずです。
今回の『2018大増補版』出版にあたっては、旧版を全面的に見直し、30数百に及ぶカラー図表の充実をし、内容的にも、オプション戦略の主流になりつつある「ボラティリティ戦略」「スキュー戦略」「非方向性戦略」を中心に充実をしたほか、特に近年オプション界に多くの取引を占めるようになったウィークリー・オプションの戦略について詳述し、さらに、当マニュアルがプロの方々にも百科事典的な使われ方をされているところから索引機能の大幅な充実を図ります。
総計500ページ、すでに旧版をお求めの皆様にも、必ずご満足いただけるような良質での内容充実を図りました。

■商品内容:

PDF500ページ・カラー

■ジャンル:

先物取引その他

■販売価格:

4900円

■販売者名:

笹山 登生
★先物取引その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(2018大増補版))
アメリカン・オプション研究会 ホームページ
アメリカン・オプション研究会
アメリカン・オプション研究会は、日本にいながら誰もがアメリカのシカゴを中心にした
海外のオプション売買取引を実践できるようにしよう?との目的のもとに、つくられたものです。
アメリカン・オプション研究会とは
アメリカン・オプション研究会は、日本にいながら誰もがアメリカのシカゴを中心にした海外のオプション売買取引を実践できるようにしよう?との目的のもとに、つくられたものです。
 そのために、アメリカを中心とする海外の最新情報を取り入れ、日本人でもわかりやすいた具体的な戦略の構築などについて、理解を深めようとしています。
 このところ、為替相場の急激な変動や急なボラティリティの変化に伴う損失の発生などが、これまでの順調な投資ブームにかげりをもたらし、また、日本の株式市場における外人投資家の撤退は、国際投資市場における東京市場の地盤低下を招いています。
このような閉塞状況に陥っている日本の投資家にとって、シカゴを中心にした海外オプション売買は、新興国投資とともに、新たな活路を開くものとなりうるものと思われます。
 私どもが、海外のオプションの売買取引にメリットを感じているのは、まさに、その圧倒的なオプション取引量の大きさです。
オプション取引量が大きいと言うことは、多様な戦略の駆使や、二重にも三重にもヘッジが掛かった、安全で実利のあるポジションが組めるということを意味します。
オプションの活用によって、これまでの単なるトレンド・フォロー型の投資から、トレンドに関わりなく利得が得られる、タイム・ディ・ケイ戦略やボラティリティ戦略、そして、ボラティリティの分布の偏り(スキュー)を逆利用したスキュー戦略が可能となります。
また。近年、ウイークリーオプションが日本にも登場し、これによって、これまで月一回の投資チャンスしかないマンスリー・オプションでは不可能だった、短期戦略やイベント・ドリブン戦略での年間投資チャンス回数の増大を可能にしています。
 今回、私共が刊行した「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」は、これらの戦略のすべてが詳細な図解入りでわかる、いわば日本初のオプション戦略の百科事典的な存在です。
 私どもは、ぜひとも、多くの日本の投資家の皆様方が、日本の投資では得られない新しい可能性を求めて、この海外オプション売買の世界にはいってこられることを願っております。
 名著「ブラック・スワン」の著者であり著名な投資家でもあるナシーム・ニコラス・タレブさんは次のように言われています。
 「自らの資産運用を自らの手に取り戻す。このことこそが真の富の自由を取り戻すことである。」
 その「真の自由」確保のために、この海外オプションが大きく貢献するものと、確信しております。」
円高になってFX投資が思うようにうまくいかなくなった方へ!
35万円の証拠金からはじめられるシカゴのオプション売買が今日からあなたにも可能になります!。
–>
ダウンロード版(電子書籍PDFファイル)
定価 4,900円
ご購入はこちら
シカゴ・オプション売買 戦略マニュアル
 このたび、アメリカン・オプション研究会では、日経225オプション取引に活用でき、さらには、これまで日本になかった、シカゴを中心にした海外オブション取引についても活用できる、詳細にわたる戦略マニュアルを作成しました。
 
近頃、FX投資が思うようにうまくいかなくなった方も必見です。相場が上昇でも、下降でも、レンジ相場でも、儲けられる、全天候型の戦略方法が、たくさん掲載されています。
 また、今日にも、あなたの海外口座が開設できるように、懇切な指導もしています。
オプションとの組み合わせで
相場に関係なくFX取引ができる戦略がある
 これまでFX取引を行ってきて、うまくいかなかった投資家の皆さん、必見です。FX取引に通貨オプションでヘッジする戦略を、このマニュアルでは、日本で始めて、詳細に紹介しています。
株やETFや先物とオプションとの組合せで
安全にヘッジされた株取引ができ。
近時日本にも登場のウィークリー・オプションの活用で
毎月の取引チャンスが格段に多い短期戦略や
イベント・ドリブン戦略が駆使できる
 海外では普通に行われている株やETFや先物とオプションを組み合わせたヘッジ戦略の詳細が網羅されています。
また、日本でも2015年に登場のウィークリー・オプションの活用によって、マンスリー・オプションよりも年間の取引機会を断然多くした短期戦略やイベント・ドリブン戦略が駆使できるようになりました。
 
これらについての本格的な戦略提示も、日本ではこのマニュアルが初めてです。
今回の「2018大増補版」で充実させた点は
近時のオプション戦略の中心となりつつある「ウィークリー戦略」や「スキュー戦略」について詳述しました。
また、当マニュアルがオプション取引の百科事典的な使われていることもかんがみて、特に索引の内容の充実を期しました。
旧版に比して大幅増頁とし、合計500ページへの大増補です。
戦略のポイントがひと目で理解できるようにと、表やカラー図版を数百点盛り込みました。
すでに旧版をご購入済の方も、ぜひご期待ください。
シカゴ・オプション売買 戦略マニュアル
 この「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」で推奨している「カレン
ダー・コンドル」というポジションで、元手3490ドル(約35万円)で、実際にポジションを組んで、驚異的な効果を挙げている一例です。
 相場の方向性と関係なしに、ほとんど放置の状態で、わずか、1ヶ月間で、元手の約3割増しのプラス1045ドル の利益を上げています。
原資産
 E-Mini Russell 2000
期 間
 05/10 – 727ドル → 06/10 – 730.00ドル
ATM
 05/10 → 06/10
ポジション
期先(9月19日満期)
● ロング
行使価格 590ドル・プット
(プレミアム 920ドル → 690.00ドル マイナス 230ドル)
行使価格 810ドル・コール
(プレミアム 860ドル → 940.00ドル プラス 80ドル)
期近(6月20日満期)
● ショート
行使価格 675ドル・プット
(プレミアム 860ドル → 125.00ドル プラス 735ドル)
行使価格 750ドル・コール
(プレミアム 850ドル → 390.00ドル プラス 460ドル)
● プレミアム合計
期先・ロング
1780ドル → 1630ドル
マイナス 150ドル
期近・ショート
1710ドル → 515ドル
プラス 1195ドル
● ネット
プラス 1045ドル
円高になってFX投資が思うようにうまくいかなくなった方へ!
35万円の証拠金からはじめられるシカゴのオプション売買が今日からあなたにも可能になります!。
–>
ダウンロード版(電子書籍PDFファイル)
定価 4,900円
ご購入はこちら
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
オプション売買取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、
場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。
また、 オプション売買取引には取引業者の売買手数料がかかります。
PAGE TOP ▲
ウェブサイト運営者名 アメリカン・オプション研究会 笹山登生
e-mail : americanoption@kagoya.net Tel/Fax : 03-3339-8931
特定の商取引に関する法律に基づく表示につきましては、「ショッピング方法についてのヘルプ」をクリックし、ご参照願います。
Copyright©American Option ALL RIGHTS RESERVED.
「シカゴ・オプション売買戦略マニュアル」(2018大増補版))
ボラティリティは何でよくないんですか。何で、高いと良くないんですか?
良くない?でもないと思います。ボラティリティって、変動幅(振れ幅)の事ですよね?統計学で言う…標準偏差ってやつです。変動幅が大きいのは良くないですか?大きい変動幅を好まない人に取っては良くないと言えなくもないけれど?選好理由ではあっても、良いとか、悪いとかの対象ではないと思いますが?取る統計期間に寄っても変わりますし。。。一つ悪いと言えるとしたら、予定や予想や予測がある場合に、ボラティリティ(変動幅)が大きい程、その予定や予想や予測の期待値と実際の結果が解離する幅が大きくなる可能性が高い。って言う…事かなぁ?統計的に、不確実性の大小の幅が大きいって事だよと言っても、難しいよねぇ?根拠となるのは経験則なのだけど。経験則から考えると結果が思ったのと良くも悪くもズレてる可能性が高いって事で、言い換えると、経験則上、想定通りに行かない幅が大きいかも知れないって事かな?良い例えが思い浮かばないから適当ではないかも知れないけど…例えば、アナウンサーって居るよね?局に雇われてると、お給料は保証されてるけど、能力ある人はフリーになった方が収入は増えるかも知れない。でも、フリーになると仕事貰えないかも知れない。雇われアナウンサーはボラティリティが低い≒将来の収入も予測しやすいし、収入予想は大きくは外れない。フリーアナウンサーは、ボラティリティが高い≒将来の収入は凄く高くなるかも知れないし、お仕事なくて収入なくなるかも知れない。予想は大きく外れるかも知れない。ボラティリティってのは、分からない事に対する予測とのズレの大小の違い。。。分かりやすくと思う例えは大分違うようにも思うけど、良いか悪いか?でもないと言うのが言いたいだけ。。。
FXで本当に勝ってる人に質問です。トレードする通貨ペアですが、ボラティリティの激しい通貨ペアのほうがいいですか?それともボラティリティがないほうがいいですか?理由も教えていただけると嬉しいです。
ボラティリティが大きい方が1分や5分足でテクニカル分析が効果的に使えることが多い逆にボラティリティが小さい方が読み辛いポンド円などは普段からボラティリティが大きいので損切しても取り返せることも多いしトレンドに乗れば見返りも勝率も上がるボラティリティが大きいので回数で稼げるのも利点スキャルで小さく合間を稼ぎ小さく損を抑える利小損少が可能動きが大きいってことは値幅で取れるのでLOT数を下げられるのが利点かね損切が出来ない順張りが出来ない人にはキツイ負け方が定期的に来るだろうね特に取り返そうと増やす人には!
ボラティリティは市場参加者の興奮や緊張の度合いを反映しているのですか?
確かにボラティリティは、市場参加者の心理を反映する傾向がありますが、他の要素(市場の流動性など)にも影響されるので一概には言えないところがあります。
ボラティリティ年率化:SQRTのカッコ内の数値日次ボラティリティを年率値に換算する際、HV(年率)=STDEVP(XX:XX)*SQRT(250)という公式を見かけますが、SQRTのカッコ内の250は何を意味するのでしょうか?該当する日数が年間250日であった、ということでしょうか?よろしくご教授ください
カテゴリマスター営業日が1年に250日あるという意味です。これはデイリーベースデータをもとにボラティリティーを計算した際に年率換算するための係数です。(正確には営業日は250日ではありませんが毎年変化するので250で統一されてます)この係数はマンスリーベースのデータを年率換算する場合には12になり(12か月だから)、ウィークリーベースのデータを換算する場合には52に(52週だから)なります。
ボラティリティってなんですか?
金融では対象銘柄のリターンの標準偏差のことを言います。